pairsを使ってみて分かったこと

pairsは、Facebookを利用していなければ登録が出来ません。恋愛(恋活)と婚活目的で利用している方がいますが、どちらかというと恋活目的の方が多い気がします。(年齢も20代前半の方も多い。)会員数も他のアプリと比べると多いように感じます。マッチングする人数が多いので。アプリの中、コミュニティがあります。例えば、ライブが好きな人。旅行が趣味の人。など。そのようなコミュニティには自ら入ることが出来るので同じ趣味の人も見つけやすいのではないでしょうか。検索機能もあるので、求める年齢の人が見つけやすいです。

 

pairsの仕組みは、まずは検索をして話してみたい方を探します。その後に、いいねを押せます。(相手からいいねが来る場合も、あります。)お互いに、いいねになったら見事マッチングされます!マッチングされた後は、メッセージ交換が出来るようになります。私が利用したときは女性は無料でした。男性は、メッセージ交換の時に料金が発生するようです。

 

安全面は、しっかりしていると思います。まずは24時間管理をしているので、監視されます。(不適切な方がいたら、報告出来ます。)↑そのようなページがあります。また、身分証明書を送らなければメッセージ交換出来ません。私は免許証をスマホのカメラで撮って、添付しました。そこで年齢確認のチェックも行われますので安心です。また、Facebookの友達も10人以上いなければ登録が出来ません。また、本名は表示されずイニシャル表記になっています。

プライドを捨てて婚活してるか?

婚活初心者がやるべきことはまず必要ないプライドを捨てることです。「婚活なんて恋愛弱者がやることだ」とか「婚活するなんて結婚できない女みたいじゃない」とそういうことに囚われていませんか?婚活初心者はそのような変なプライドのせいで、婚活が上手くいかないことが多いのです。その無駄なプライドはすべてゴミ箱に捨てましょう。そして新しい気持ちで婚活を始めてください。

婚活初心者におすすめの婚活のやり方は最初に自分に合った婚活方法を探ることですね。若くて社交性に溢れた方は「合コン」「街コン」「婚活パーティー」などの婚活方法がおすすめです。20代の若い女性はこの方法でいくらでも結婚のチャンスを作れます。若くて明るくて社交性がある人は紹介したような方法を選びましょう。年齢がある程度行ってから初めて婚活する人や社交性がない人は「婚活サイト」がおすすめです。ここでならメッセージ交換で仲良くなってからの出会いができます。出会う前に相性のいい人を探しだしたり、いろんな人と知り合える環境も作れるでしょう。恋愛に消極的で優柔不断な人はデートのセッティングまでしてくれる「結婚相談所」がいいですね。

このように自分に合った婚活方法を割り出し、自分と相性のいい婚活のやり方を見つけましょう。婚活初心者は自分に一番合っている婚活方法を見つけて利用するのが一番なのです。こうして無理せずに婚活を始めてみましょう。

参加人数が多い婚活パーティーに参加しよう

婚活パーティーを選ぶときは、なるべく参加人数が多いパーティーの方が、お気に入りの相手を選べる確率が高くなるのでオススメです。婚活パーティーと言っても、規模の大きさはピンきりです。小規模のパーティーだと、男性と女性合わせて10人ぐらいのほのぼのとしたパーティーなどもたくさん開催されています。お相手をパッと見て第一印象で、直感でいいなと感じて、話してみたいと思うか、この人は無理と思うかはだいたい決まると思います。

5~6人のお相手の中に好みの人がいる確率も低いですし、好みではない人達と2時間も食事をしたり、お話をするのは結構辛いものです。男女交えての楽しい食事会とは目的が違うので、ほのぼのと会食してる場合ではありません。婚活中は、時間も有効に賢く使わないと、出会いもないままに時間だけがどんどん過ぎていきますので、1度のパーティーでより多くの人と会って、その中からお気に入りのお相手を見つけるやり方のほうが効率がいいです。

いいなと思ったら、自分から積極的に話しかけて、プロフィールの交換や連絡先の交換ができると次に繋げていけるので理想です。参加人数が多くてスタンディングのパーティーだと、自由に動けて、お気に入りのお相手のところに行きやすいのでオススメです。

お金がないアラフォー男性は厳しい婚活が待っている

婚活で失敗するアラフォー男性の特徴はお金がない人です。アラフォーともなるとほとんどの男性は年収がアップしているのですが、未だにフリーターだったり、アルバイト生活をしている人も少なからずいます。正職員に付けていない年収の低い男性は結婚相手候補として選ばれにくいのです。

その中でも際立ってお金の無さが目立つ人は婚活で失敗します。女性は男性の収入の良し悪しを結婚するのに最重要な点だと思って見ているのです。収入が少ない人は結婚するのに適さないと判断されて、相手から弾かれます。結果、婚活で失敗することになるのです。

また婚活で失敗するアラフォー男性のもう一つの特徴は自信のなさです。常に自信がなさそうで、下ばかり向いている人は「頼りがいがない」と判断されて婚活で失敗しやすいです。アラフォーの男性ともなるとさすがに大人の余裕を持ってほしいと思うのです。あたふたしたり、慌てたりするところが目立ったり、ネガティブなことばかり話して会話が楽しめないと婚活で失敗してしまう可能性がグーンと上がるのです。頼りがいがないという特徴も婚活失敗の大きな要因になります。

婚活で失敗するアラフォー男性は頼りがいがなく、年収が少ない男性です。こんな特徴を持っていたらなるべく変えるようにしましょう。

婚活パーティーで出会ったありえない人

私は以前、婚活パーティーでありえない男性と出会ってしまいました。当時私は28歳でしたが、男性陣も20代や30代が多く、ぱっと見イケメンな人も多くてやったなと思いました。その婚活パーティーで私のことを気に入ってくれた男性がいたのですが、その方がちょっとありえない男性でした。

その婚活パーティーは立食式で自由に参加者がお話できる感じだったのですが、私のことを気に入ってくれた男性がずっと私につきまとうのです。気に入ってくれたことはありがたいのですが、他にも男性はいるのでいろんな方とお話をしてみたいと思っていた私にははっきり言って邪魔でした。

私がその方のもとを離れてもずっと後ろをついてきて話してくるので、何回も他の男性の方ともお話をしてみたいのですみませんと言ったのですが、その男性は俺はあなた一本なので!などと言って私のそばから離れないのです。私一本なのはありがたいですが、私のことをそんなに気に入ってくれたのなら私のお願いを聞いてくれよと思いました。

その男性が私につきまとい、ずっと話してくるおかげで他の話してみたいなと思っていた男性達とはほとんど話すことができず、婚活パーティーの時間が終わってしまいました。

友人や両親にちゃんと話せる婚活をしよう!

大学を卒業した頃から親が親戚のおばちゃんに頼んで昔ながらのお見合いの話を持ってきました。ただ、彼氏もなくもしかしたらとても素敵な相手かもしれないとか言う浮かれた気持ちで会ったりしていましたが、結局そんなドラマのような展開はありませんでした。

自分自身が本気で結婚するつもりにならないと何人の人に会おうが結婚に結びつくことはないのです。20代も後半になってくると少し結婚願望に火がつき、試しにお見合いパーティーに参加してみました。大勢の人にいっぺんに会えるので効率的だとは思うのですが、こういうのに参加している人ってどこか嘘くさく思える自分がいたのです。

そういう気持ちで話が進む訳がありません。結果発表でマッチングしたこともありましたが、1度デートしてみただけでこちらから終わらせてしまいました。相手を傷つける行為だと思い罪悪感に駆られました。30代になり結婚相談所に登録しました。条件にあうたくさんの人を紹介してもらい、お見合いする度にお金もかかりましたが、結婚をしたいなら一番の近道だったと思います。

ただこういうのに登録することを恥ずかしいと思っていたので、友人や親に言えず密かに行動していたため誰にも相談出来ない状態が苦しかったです。それに万一うまく行ったら親に出会った経緯など説明しなければいけません。そういう気持ちが邪魔をして、この婚活も本気になりきれませんでした。色々悪戦苦闘し、お金をかけ傷ついたり傷つけたりしましたが、結局親が持ってきたお見合い相手と結婚しました。

自分自身で結婚相手を選びたいのはもちろんなのですが、親にも納得してもらいたいとか、素性が知れている人がいいとか保守的な気持ちが前に出た結果だと思います。何もしないよりはあれこれ足掻いてみることは大事ですが、友人や両親にちゃんと話せる婚活かどうか、その婚活を自分が心から信頼しているかどうか確かめてみて下さい。怪しいとか結婚までいかなくても彼氏彼女が欲しいとか、ひょっといい人がいたらラッキーくらいの気持ちだと結婚に繋がることはないと思います。

婚活では出口戦略も大切

自分の人生をより良くする婚活は、独身で自分と結婚してくれる相手を探す活動だけに、お金と手間がかかります。経歴や現在の職業といった、自分では変更しにくい点も評価の対象になるので、場合によっては納得できる相手と巡り合えないケースもあり得るのです。選択した婚活の方法が、たまたま自分に向いていないケースも珍しくなく、始める前に出口戦略をしっかり決めておく必要があります。出口戦略とは、被害を最小限にして撤退することであり、婚活では活動する期間で区切るのがお勧めです。

登録している間はずっと料金がかかる結婚相談所は、この出口戦略が特に大きな意味を持ち、平均で1年間、長くても3年間で見切りをつける方が目立ちます。いくら相手にも断る権利があるとはいえ、自分が希望した相手から断れる度に傷つくのは事実だから、見込みがあまりない状態では退会するのも勇気ある選択です。1つの婚活にこだわりすぎて、日常生活にも支障をきたしてしまったら元も子もないので、疲れてしまったら自分を大切にすることに専念しましょう。

現代社会では独身のままで過ごすライフスタイルが増えており、婚活における自分の考えを見直してみるのも有効です。あるがままの自分を受け入れて、相手を探し続ける婚活から離れてみたら、意外な方面から良いご縁があって結婚できたという事例もよくあります。

結婚相談所の注意!メリットもデメリットもある!

結婚相談所を利用する方に先に伝えておきたいことがあります。それは結婚相談所は良いところもあるが悪いところもあるということです。結婚相談所は専属のコンシェルジュが付いていて大変良さそうに思えますが、メリットもデメリットもあります。

メリットは自分の条件にぴたりとはまる人と出会わせてくれるところです。結婚相談所はこのように自分のプロフィールや相手のプロフィールを精査して、自分が求める人物、そして自分が求められている人物をうまく適合させて紹介してくれます。ですから理想の要素を備えた人物を見つけやすいのです。お互いに求める条件が一致しているので、非常に相性のいい相手を見つけてもらえます。

ただしメリットばかりではなく、デメリットもあります。1つ目はコンシェルジュ。このコンシェルジュとの相性が悪いと最悪で、ボロクソに言われて落ち込むこともあります。人には相性があるので、相性が悪い人と当たってしまった場合はストレスを溜めこんで苦労するでしょう。2つ目は費用ですね。結婚相談所は婚活サイトよりずっと費用が高額です。専属のコンシェルジュが付くので仕方ないのですが、この費用は負担になりますね。このように結婚相談所は魅力的なメリットもあれば、困ったデメリットもあるので、それを把握した上で使うようにしましょう。

婚活のすすめ

婚活という言葉が世間を賑わせていますが、私は婚活サイトや婚活パーティーには少し疑問を持っています。確かにお金持ち、高学歴、職業などが分かり、理想の相手が合理的に見つかる場合もあります。しかし、果たしてそれが本当なのかどうか、本当に未婚者なのかどうかは分かりません。嘘をついている場合もあります。違った目的で婚活サイトや婚活パーティーに忍び込んでいる場合もあると思います。
私の兄はなかなか結婚できず心配していました。高学歴、高収入でありながらなぜか35歳まで結婚できずにいました。親も多少心配しはじめた矢先でした。突然結婚が決まったのです。出会いは、取引先の社長の紹介でした。取引先の社長は兄のこともよく知り、長い付き合いの方でした。だから、兄に合う女性を紹介してくれました。紹介してくれた女性はとても美人で高学歴であり、謙虚な女性でした。家柄もしっかりしているお嬢様でした。兄がこのような素敵な女性と結婚できるなんて信じられない気持ちでいっぱいでした。私たち家族を幸せにしてくれたこの出会いに感謝しています。そもそもこのような出会いに恵まれたのは、やはり紹介あったからです。兄の人柄をよく知り幸せを願ってくださっての紹介です。これほど信用できるものはないと思います。このような経験から、私は婚活にはお互いのことをよく知った信用できる方の紹介が一番効果的だと思いました。

マッチングアプリって婚活に繋がる?

みなさんは「マッチングアプリ」をご存知でしょうか?

スマートフォンが普及したことをきっかけに、「出会いのツール」が気軽に利用できるようになってきました。その中の1つとしてマッチングアプリというものがあります。このマッチングアプリについて本当に婚活に繋がるの?と思ってらっしゃる方も多いはずです。私も正直そのように思っていました。

しかし、結婚できました。マッチングアプリで、です。アプリを通じて知らない人と出会えて、恋に落ち、結婚に繋がれば良いのですが、必ずしもそうなるとも限らないのがこのマッチングアプリです。そこで、利用する際の注意点をあくまでも私の観点でお伝えします。

 

【マッチングアプリ選びの注意点】自分に合ったアプリを探しましょう。マッチングアプリは大きく3つに分けることができます。

(1)気軽に会いたい人向けのアプリ

(2)恋人を探している人向けのアプリ

(3)結婚相手を探している人向けのアプリ

手っ取り早く婚活結婚をしたい方は間違いなく(3)を選んだ方が良いです。私自身、結婚は早くしたいけれど結婚相手を探してますアピールをガツガツとしているようで恥ずかしいと思い(1)や(2)のアプリを利用していましたが、婚活したい方にはあまりお勧めできません。

なぜなら、(1)や(2)のアプリには登録利用者に学生が多いです。
また、遊び相手を探している利用者もいます。中には、結婚について真剣に考えている利用者もいますが、「結婚を真剣に考えてくれている人」で尚かつ「自分の好みに合う人」というのは中々いないものです。

最初から結婚をしたいのであれば、(3)のアプリで「自分の好みに合う人」を探し、ゆっくりと関係性を築いていくと良いかと思います。早いうちからお互いの結婚観も話すことができて、ミスマッチも防げそうです。

 

ここまでマッチングアプリについて簡単に紹介してきましたが、結論からいくと「マッチングアプリは婚活に繋がります」し、結婚もできます。しかし、気軽に始められるツールであるだけに相手を見極める必要はありそうです。ですが本来、出会えなかったであろう人と出会うことができるツールでもありますので、是非とも1度利用されてみてはいかがでしょうか。